グループホーム さらい

「さらい」とは、ペルシャ語で「小さな宿」という意味です。
さらいは、そらユニット9名、さくらユニット9名の2ユニット18名です。認知症の方が、不安な気持ちや寂しい気持ちにならないよう「なじみの関係」を築きながらできることは自分で行っていただいています。小さな宿で寄り添いながら楽しく生活しています。

グループホームさらいでは、入居者様の方や不安や寂しい気持ちにならないように寄り添いながら生活を送ることをなによりも優先します。入居者様の方が「心身の痛みを緩和し」、「心を癒し」、「生活に満足できる」ようにお手伝いさせていただきます。

さらいでの様子

1 食事

入居者様と一緒に作っています。

2 食器洗い・掃除

「今日は私が当番ね」と
当番制です。

3 日課

・縫い物、編み物
・お散歩

4 畑仕事

農家のプロフェッショナル揃いで安心です。

5 買い物

目が欲しがるそうです。

それぞれの役割を持ちながら入居者様の能力に応じた自立した生活が送れるよう支援しております。

お誕生日会や、さらい季節のイベント

毎月お出掛けやイベントを計画しています。

お花見昼食

真岡のバラ園

果物いっぱいかき氷

馬頭温泉那珂川苑

さつまいも掘り

奉仕活動

地域貢献活動には本年度より入居者様も参加され、地域の方と共に協力をさせて頂いています。

畑になった野菜などは入居者様と、にじいろ保育園の子供たちと一緒に収穫をする予定です。

秋祭りや地域で行っているクラブの集まりなどに参加して地域の方々との交流を深めていきたいと思っています。

フォトギャラリー

グループホームさらい 入居までの流れ

1.お問い合わせ2.面談と見学3.お申し込みと必要書類提出4.ご入居判定5.ご入居契約6.ご入居準備とお引越し7.ご入居

社会福祉法人敬愛会利用者負担減額制度の
取り扱いについて

top