社会福祉法人敬愛会 採用情報 KEIAIKAI RECRUIT

職員紹介

小林 直輝

誠心誠意 まごころを持って利用者様と接する。

社会福祉法人職員としての自覚と挑戦

私は以前警察官として働いていました。しかし、昔から福祉に強い関心があり、とりわけお年寄りが大好きです。より身近に人の役に立ちたいと考え始め、介護の世界に飛び込みました。敬愛会との出会いは市内の就職面接会でした。施設見学では長い歴史や活気ある職場に強く魅力を感じ、入社を決めました。
敬愛会には様々な事業所があります。私は現在介護士で、利用者様の日常生活の支援を行っています。私は常に、利用者様目線で行動することを心がけており、些細な事でも率先して声掛けしていくことで、利用者様が望んでいる事に応えていくことが大切だと考えています。また、福祉に携わっていく中で一番重要である事は人としての「尊厳」(自分らしさ)を保持・継続していく事が求められてきます。
私は、敬愛会職員としての誇りと自覚を持ち、資格取得や経験を積みキャリアアップを目指していきます。
そして私達は、優しさと情熱を持った人達を待っています。

「介護」という職業に出会って

「介護」という言葉に、皆さんはどのようなイメージを持たれますか?恐らく、暗いイメージを持たれる方が多いと思います。しかし、私は敬愛会に入職してから介護に対する考えが大きく変わりました。
私は、介護部で主に利用者様の生活支援を行っております。しかし、一口に介護と言っても身の周りのお世話をするだけではなく、利用者様とのコミュニケーションを図ることや、レクリエーションを通して交流をしていくのも介護の醍醐味です。また、利用者様からの「ありがとう」などの感謝のお言葉をいただいた時や、輝く笑顔を見ることができた時は「本当にこの仕事をして良かった。」と実感でき、私たちに大きな力を与えてくれます。
もし、介護に少しでも興味がある方は敬愛会に足を運んでみてはいかがでしょうか。私達と一緒に敬愛会を創り上げていきましょう。

top
top